品質管理

品質管理

 マツシマ林工株式会社は、地域社会に役立つ企業を目指しています。
 様々な認証を受け、品質精度だけでなく、製品に対する安心もお届けしています。

徳島県木材認証機構

 「徳島県木材認証機構」とは、徳島県森林組合連合会と徳島県木材協同組合連合会で組織し、徳島県が作成した「徳島県木材認証制度のためのガイドライン」に基づき、徳島県産材であることを証明する「産地認証」、徳島県内の製材所等工場で加工された品質性能に優れた木材製品であることを証明する「品質認証」、さらに、違法伐採対策としての「合法性の証明」を行います
 この制度により、県産材のブランド化を図るとともに、より一層の木材の需要拡大と森林・林業・木材産業の振興を図ることを目的としております。
徳島県木材認証制度【産地認証】
徳島県木材認証機構  合法的な伐採(※1)を行い、さらに徳島県内の豊かな森林で生育したと認められるものを証明することを目的としたのが【産地認証】です。
@「森林法に基づいた伐採の証明(合法性の証明)がなされていること」、
A「県外産等が混在しないように分別管理がなされていること」、
B「入荷及び出荷状況の記録がなされていること」、
C「出荷する木材・木材製品に『産地表示』がなされていること」
の4つが【産地認証】の基準となっております。 この【産地認証】された木材が、登録機関(※2)を適切に流通した場合、最終的に納品した登録機関、もしくは需要者が【「産地認証」証明書発行申請書】で申請を行い、徳島県木材認証機構事務局で木材流通の流れを確認して【「産地認証」証明書】を発行することが可能です。
※1 原木の生産される国又は地域における森林に関する法令に照らして手続きが適切になされたうえで伐採すること。
※2 徳島県木材認証制度に賛同して、機構に事業者登録を行った林業・木材産業関係者のこと。
徳島県木材認証制度【品質認証】
 ISO9000シリーズないし、ISO9000ファミリーとは、ISO(国際標準化機構)による品質マネジメントシステムに関する規格の総称で、その中核をなす規格はISO9001である。
  もともと、現在のISO9001の前身となる規格が、事業所の性格に応じてISO9001、ISO9002、ISO9003に分かれていたことや、現在でも関連の規格が9000番台である物が中心になっているので、まとめてISO9000シリーズと呼ばれる。認証の対象になる規格はISO9001である。

木材の規格(日本農林規格JAS)・AQ認証

 日本農林規格(JAS)とは、農林物資の取り引きの公正化や使用・消費の合理化のために法律により一定の規格と品質を規定したもので、国が全ての人が安心して便える共通の尺度を示したものです。
 木質建材としてのJAS規格には、製材、針葉樹の構造用製材、人工乾燥用製材枠組壁構法用製材、保存処理製材、普通合板、特殊合板、フローリング、集成材、単板積層材等があります。
 なお、製材については、現在、規格の見直し作業がおこなわれており針葉樹の造作用製材、針葉樹の下地用製材、広葉樹製材の規格となる見通しです。
 本県では、現在、製材94工場、針葉樹の構造用製材56工場、人工乾燥用製材7工場、枠組壁構法用製材1工場、保存処理製材3工場、普通合板2工場、特珠合板1工場、フローリング5工場、集成材4工場がJASの認定を受けており、チェックした製品を供給しています。
認証製品のフォローアップ
AQ認証
AQ認証 徳島本社工場AQ認証 京都園部工場  AQ(Approved Qualityの略称) 認証とは、 消費者ニーズの多様化・高度化により木質建材の新しい製品が次々に開発され「JAS」だけでは対応できない新製品が多くなっているため、品質性能試験を行い、 優良な製品に(財)日木住宅・木材技術センターが認証するものです。 AQマークはJASマークとともに信頼の目印となります
 対象になる建材は、高耐久性機械プレカット部材、乾燥処理機械プレカット部材保存処理材、屋外製品部材、防腐・防蟻処理構造用集成材、防蟻処理材、防虫処理天井板、軒下天井板、モルタル下地用合板、接着剤混入防腐・防蟻処理合板(等)直張り遮音フローリングがあります。
 本県では、現在、保存処理材1 、高耐久性機械プレカッ卜部材2、屋外製品部材2の製品が認証を受けています。

SGEC認証

JAS(日本農林規格)
SGEC認証 SGEC森林認証制度とは
 日本の森林管理レベルを向上 『緑の循環』認証会議は、日本の森林・林業を守るために、業界だけでなく、環境NGO、市民団体など各界の人たちが議論を重ねて生まれました。日本の森林管理のレベルを向上し、生産者と消費者とを結ぶ、「自然環境の信頼と安心」を届ける制度です。
◆SGEC森林認証システム
 SGECの森林認証システムは、日本の森林管理のレベルを向上し豊かな自然環境と持続的な木材生産を両立する健全な森林育成を保証するシステムです。
◆SGEC認証林産物流通システム
 SGEC認証林産物流通システムは、加工・流通過程においてSGEC認証森林からの林産物を分別・表示管理し、”信頼と安心”のSGEC環境ブランドを消費者に提供するシステムです。
認証製品のフォローアップ
 この製品はSGEC認証を得た自社管理森林からのみ採集された樹木を原料に、蒸留し抽出された無添加で100%ナチュラルな精油製品です。 当社はSGECの「森林認証」と「認証林産物取扱」の認定事業体として認定されています

ISO9001(品質マネジメントシステム:QMS)

すべてのマネジメントシステムの基本となる規格
ISO9001 ISO9001  国際標準化機構(International Organization for Standardization、略称:ISO)が発行する国際規格にはさまざまなものがありますが、マネジメントシステムについても、品質、環境、情報セキュリティ、食品安全などそれぞれの分野についての国際規格が発行されています。
 マネジメントシステムは「組織が方針及び目標を定め,その目標を達成するためのシステム」と定義されています。そして、このISO9001は、業種や事業形態、規模を問わず、あらゆる組織に適用可能な品質マネジメントシステム(QMS)の国際規格として開発され、発行されました。ISO9001は特定の産業に特化したマネジメントシステムや他分野のマネジメントシステムの基本となっており、ISO9001の要求事項を満たしているということは基本的なマネジメントシステムを備えていると言えるのです。
ISO9001と認証のメリット
 ISO9001の要求事項を満たしていると第三者から認証されることは、自社の品質への信頼を高めます。ISO9001認証は、国内外の購買や入札での取引条件に指定されるなど、製品やサービスの品質を担保する手段としても広く利用されており、取引の安定化や取引機会の拡大につながるのです。 また、マネジメントシステムは継続的な「改善」のための仕組みです。QMSを運用することで、段階的に運用の成果を得ることができます。
SSマルチ
PJRとISO9001
 ペリージョンソン レジストラー(PJR)は、米国ミシガン州の製造業におけるISO9001認証のニーズに応える形で1994年に創業し、発展してきました。
 「PJR-The True Mark of Quality」(PJRマークは信頼の証)をモットーに、第三者認証機関として、マネジメントシステムの有効性・適合性を客観的・中立的な立場で審査し、公平かつ厳正な審査結論として提供しています。

ISO9001:2008については、
米国認定機関ANAB(ANSI-ASQ National Accreditation Board)、
英国認定機関UKAS(The United Kingdom Accreditation Service)、
日本の認定機関JAB(Japan Accreditation Board、公益財団法人 日本適合性認定協会)、
ブラジル認定機関INMETRO(Instituto Nacional de Metologia, Qualidade Tecnologia)、
イタリア認定機関ACCREDIA(L'Ente Italiano di Accreditamento)から認定を受けており、
金属、機械、化学、建設のほか、販売、サービス業への認証も多く手がけています。
Copyright © 2009 MatsushimaRinkou.co,. All Rights Reserved.